SEO

ネット利用者の約8割は、検索エンジンで、目的の情報を検索する

SEOとはSerch Engine Optimizationの頭文字3文字を取った読み方で、検索エンジン最適化の事を言います。その他、検索エンジン対策、サーチエンジン対策、サーチエ ンジンポジショニング、検索エンジンポジショニング、Webポジショニング、ウェブポジショニング等とも呼ばれています。Webサイトが検索エンジンに検 索され易い様に、HTMLのチューニングを行うなどしてWebサイトを検索エンジンに対して最適化する事をSEO(検索エンジン最適化)と言います。

SEOの目的

SEOの目的は、“ユーザーをWebサイトに訪問させる事”です。Webサイトのコンテンツ(内容)をしっかりと制作し、ユーザーにとって有益な情報を提供して行く事が大切な事だと考えています。

 

Webサイトのコンテンツ(内容)を充実させ、ユーザーにとって分かり易いWebサイト制作を行い、検索エンジンの検索結果を上位に 表示させる為には、検索エンジンの検索性(検索アルゴリズム)を重視したウェブサイトデザインにすることによる結果として、Webサイトを上位に表示させ る様にする事が可能です。

 

米国(アメリカ合衆国)においては検索エンジン最適化 SEO(Search Engine Optimization)が、日本よりも早い時期から、効果的なマーケティング手段として普及しています。検索エンジンサイトにおいて、目的のWebサ イトを関連するキーワードで上位に表示させることにより、検索エンジン利用者のウェブサイトへの誘導率が向上する可能性が高まります。検索エンジンを、有 効活用したマーケティング手法の1つとして考えられます。

 

しかしながら、検索エンジンに上位表示される事だけが、SEOの目的ではありません。SEOの真の目的は、ユーザーにWebサイトに 訪問して頂く事です。そして訪問後にそのサイトから有益な情報を得る事であり、また、商用サイトの場合、ビジネスに結びつく事が大切な事です。

 

検索エンジンマーケティング(Search Engine Marketing)とは、検索エンジンの中でも、インターネット利用者に使われる頻度が高いロボット型検索エンジンサイトから目的のウェブサイトまで、利用者を誘導出来る様にする為の方法の事を言います。

 

検索エンジンを使って、何かの情報を検索しているインターネット利用者は、検索する情報について、何らかの検索目的、興味、関心、必 要性を持っているはずです。そう考えた場合、ウェブサイトを運営している側から見た場合、その検索エンジン利用者が、自ウェブサイトに訪問する時に、既に 潜在的な顧客であり、意味のあるトラフィックになり得ると考えても良いのではないでしょうか。検索エンジン最適化により、検索エンジン表示結果を、上位表 示をさせる事は、沢山の目に触れさせる為の方法の1つとしてとても重要な事でしょう。

 

実際に検索エンジンサイトを、利用して検索を行う利用者の行動を考えてみてください。
または、あなたご自身が、実際に検索エンジンサイトを、利用して検索する場合を想定してみて下さい。

 

あなたは、検索エンジンで表示された検索結果のページ上で常時、1位、2位、3位に表示されたウェブサイトだけを見て、そのウェブサイトだけに訪問しますか?

 

もし、あなたが、何か商品を購入したいと言う目的意識がはっきりしている場合、検索エンジンで検索した結果、上位表示されたウェブサイトの中だけから、購入する商品を選んで購入するでしょうか?

 

あなたは、あなたの探している商品の購入できるその他、複数のウェブサイトもまた、検索しているはずです。

 

何故ならば、あなたは、商品、サービス、予算、価格、品質、訪問したウェブサイトの対応、注文してから手元に届くまでの期間や時期、その他の理由も色々と考慮した上で、比較検討をしてから購入したいと考えるからです。

 

情報を収集する事に慣れているインターネット利用者であれば、複数のウェブサイトでの比較検討を、入念に、行うでしょう。検索エンジ ンの検索結果で上位表示されたウェブサイトの中から1つだけのウェブサイトを選択するのではなく、必ずその他、幾つかのウェブサイトを、閲覧した上で、比 較検討し、商品を購入するのではないでしょうか。

 

これらの消費者行動を想定した場合、検索エンジンサイト利用者は、先ず、検索結果の1ページ目~2ページ目位迄に表示されたウェブサイトの中で、必要な情報の存在するウェブサイトの中から訪問して行くのではないであろうかと言う場合を推測する事が出来ます。

 

ここまでの流れを、見た場合、たとえ検索エンジン上位表示ランキングが、1位に表示されていても2位以下に表示されていたとしても、 検索結果の1ページ目~2ページ目位迄に表示されている限りは、想定ではありますが、閲覧される機会と言う面を考えた場合、同等の立場にあると言えます。 検索した結果として、1ページ目~2ページ目に表示されている検索エンジン上位表示結果であれば、表示されるランキングは、さほど問題ではないと思われま す。(推測)

 

検索結果ページに表示されたウェブサイトのタイトル部分やそのウェブサイトの説明文や、紹介文がどの様に表示されているのかと言った 事の方が、検索エンジンマーケティングの観点から考えた場合、より大切ではないでしょうか。または、ウェブサイトで実際に取り扱っている商品や、サービス 内容(コンテンツ)がより大切な物であると言っても過言ではありません。上位表示プラス魅力的なコンテンツの両方が大切であると思います。

 

Web制作段階で、検索エンジンに認識され難い構造で、Webサイト制作を行っている場合、部分的にWebサイト構造を変更するだけ では、検索エンジンに対してホームページの最適化が難しく、SEO対策を施したとしても、SEO対策の効果が見られないWebサイト構造になります。表面 的なSEO対策だけでは、Web制作段階や、Webサイトリニューアル制作時に適切にSEO対策を施したWebサイトには及びません。

 

UNIVERSAL DESIGNSでは、SEO(検索エンジン最適化)対策を含むホームページ制作を、新規制作もしくは、全面リニューアル制作を施す場合、Web制作段階(最 初)から検索エンジン(クローラー・スパイダー)に認識してもらい易い構造で、ホームページデザイン制作を進行致します。ホームページデザイン制作と検索 エンジン最適化対策を平行して、進行致します。新規ホームページ制作・企画・WEBサイトリニューアル制作と並行して効果の高い検索エンジン最適化を行い ます。

 

SEO(検索エンジン最適化)対策には、Webサイト全体の構造、コンテンツ(内容)、タイトル、ソース等全てを、検索エンジン最適 化する事が必要です。Webサイトのレイアウトの変更、テキスト部分の見直し等も必要ですので、既存のWebサイトの内容やデザインをそのまま変更しない でSEO対策を施す事は出来ません。SEO(検索エンジン最適化)対策業務をご依頼の場合、Webサイト新規制作または、Webサイトリニューアル制作と 致します。

 

また、一度、SEO(検索エンジン最適化)を施策し、上位表示されたサイトも検索エンジン側のアルゴリズム(プログラム)により、検索表示結果の順位が変動します。

 

この変動を定期的に見ながら、なるべく上位の位置に表示されるように維持管理を行う必要があります。

 

whatis_seo_japanese


Leave a Reply

CAPTCHA